So-net無料ブログ作成
検索選択

あさが来た 111話 藍之助の大阪行きを許す惣兵衛とはつ

惣兵衛はあさから藍之助の大阪での働きぶりを聞いた上で、家族全員を呼び、自分たちの道について語り始めました。

第19週『みかんの季節』より


スポンサードリンク

惣兵衛に呼ばれ萎縮するあさ


惣兵衛はあさを呼び、銀行の働き手としての藍之助の様子を聞きました。

あさは、藍之助と働きぶりを評価し、もし自分に預けてくれるのなら、ええ商人にしてみせると答えました。

惣兵衛は「偉い自信やな」と皮肉ると、商いくらい胸を張らせて欲しいと言ったあと、惣兵衛が羨ましいと言うのでした。

それは、あさが商いに成功したものの、惣兵衛のように家族でご飯を食べることがなくなり、自分は家に居ても居なくても同じように思えたからです。

そして、今の会社が軌道に乗ってきたせいか、これから何に向かってがんばっていいのかわからなくなったと悩みを話すのでした。

すると立ち聞きしていた新次郎とはつが、あさたちに加わり、話は雑談へと移しました。



【感想】そりゃ~怖いよね。
年端も行かないころ、大人の男から「あかんたれ!」なんて言われたことのある惣兵衛から呼ばれたらビビちゃうでしょ、フツウ‥

スポンサードリンク


藍之助に大阪行きを許すはつ


その光景を除いていた菊が、あさが嫁だったら山王寺屋は生き残っていたかとつぶやくと、栄達は菊とあさでは一緒に居られないと答え、二人は笑ってしまいしました。

すると今度は、惣兵衛が二人に一家で話をしようを声をかけに来ました。

藍之助の大阪行きを許す惣兵衛とはつ

惣兵衛は、はつと自分は親の言いなりに生きようとしたが、明治維新でなくなり、自分の道は自分で探さないといけないと気づいたと話しました。

そのはつと見つけた道が誇りを藍之助に引き継いでほしいと思っていたが、自分の道を探したいというなら、止められないと言うのでした。

藍之助は目に涙を浮かべながら、大阪に行かせてほしいと懇願しました。

すると、はつはまずは3年大阪で働いてきなさいと、藍之助を送り出すことを決心するのでした。


あさも千代の道を考える


そのころ、あさは新次郎とはつのみかん畑でくつろいでいました。

あさが藍之助の将来を話そうとすると、新次郎は人様の家のことに口を出してはいけないと注意しました。

そして、あさは自分のことだけを考え、千代には自分の思いとは関係なく自分の道を選ばせてあげないといけないとつぶやくのでした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 112話 やっぱり母娘のあさと千代

あさが来た 111話 藍之助の大阪行きを許す惣兵衛とはつ

あさが来た 110話 藍之助・千代の進む道


nice!(18)  コメント(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。