So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ あさが来た ブログトップ
前の10件 | -

あさが来た 122話 千代と将来の夫・東柳啓介との出会い

萬谷に刺されたあさは、意識を取り戻すことができましたが、早く仕事に戻ろうと周りを困らせるのでした。
第21週『夢見る人』より


スポンサードリンク

刺されたくらいが丁度いいあさ


千代が学校を休んでいるのを知ったあさは、京都に帰るように言いました。

すると千代はあさはデリカシーにかけるから、刺されたくらいが丁度良いと言ってしまいます。

するとあさは、言霊といって、口にしたことが本当になることもあると教えると千代はドキッとするのでした。

反対に千代も原因はあさにあると言うと、あさは落ち込むも賛同したため、千代は戸惑い病室を出てしまいました。

あさはまた、うめにも気落ちしているくらいが丁度良いと言われ、また落ち込むのでした。


将来の夫・東柳啓介との出会い


千代が病室を出ると新次郎が警察と何やら立ち話をしていました。

千代が新次郎から話を聞くと、どうやらまだ犯人の萬谷は捕まっていないようでした。

千代が花瓶の水を換えていると、二人の学生が現れたました。

東柳啓介 あさが来た

そのうちの一人、東郷啓介が包丁でリンゴを切ろうとすると、あさが包丁で刺された記憶が甦り、千代は持っていた花瓶を落としてしまうのでした。

スポンサードリンク


落ち着けない新次郎


あさの元には多くの見舞客が来ていました。

しかし新次郎は、遠く東京の渋沢栄一にまで届いたあさの悪い噂を思い出し、あさを悪く思う人物も多いことを心配していました。

あさを守ってやれなかったと、落ち込む新次郎に亀助は大阪にいる間は、自分も手伝わせてもらうと新次郎を励ますのでした。


和歌山から駆けつけたはつ


白岡家には、電報であさの危篤を知らされたはつと惣兵衛がやって来ました。

はつはよのから今朝気がついたことを聞き、一安心するもかのが暴漢に刺されたと口を滑らせ、はつはまた驚いてしまうのでした。

しかしよのが何とか話を反らし、そこへ藍之助も現れたことで、よのははつ達に今夜は親子水入らずで話をしていってはどうかと提案しました。

そのころ病院では、あさたちも新次郎と千代の3人で過ごす久しぶりの夜でした。


スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 122話 千代と将来の夫・東柳啓介との出会い

あさが来た 121話 仕事バカのあさに呆れる千代


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 121話 仕事バカのあさに呆れる千代

萬谷に刺されたあさは、意識を取り戻すことができましたが、早く仕事に戻ろうと周りを困らせるのでした。
第21週『夢見る人』より


スポンサードリンク

あさをあの世に呼ぶ祖父・忠政


あさは一度目覚めたものの、五代友厚、義父の正吉、祖父の忠政の夢を見ました。

忠政は、近ごろ笑っていないあさを、側に呼ぼうとしたところ、いい具合に刺されたやろ?と笑って見せました。

忠政と歌を熱唱するあさ あさが来た

あさは、みんなを引っ張っていくために、子どものように笑っている場合ではないと言うと、忠政は大人が笑ってはいけない通りはないだろ?と言いました。

あさはもっともな話だと納得したところで目を覚ましました。


退院をせがみ医者を困らせるあさ


新次郎たちは、医者からあさの現在の容態を聞いていました。

医者から、ひとまず命の心配はないが、傷の深さからもうしばらく入院が必要だと言われました。

しかし同じ説明をあさにしたのに、本人はいつ退院できるのかと催促がきているので、あとは家族で説得するようにと言われてしまいました。

千代とうめは呆れ、新次郎はどうやって説得しようか悩むのでした。

スポンサードリンク


仕事バカに呆れる千代


あさが見舞いのまんじゅうを食べようとすると、新次郎達が病室に入ってきました。

まんじゅうを手にするあさに、千代が何をしてるのか聞くと、あさはごまかすように、今回死にかけたことで、やり残したことがたくさんあるとわかって滋養のあるものを食べないといけないと答えるのでした。

すると千代は仕事のせいで恨みを買い、刺されたことを反省しないあさに呆れて出ていってしまうのでした。


逃亡中の萬谷


新次郎が千代をなだめていると、榮三郎が現れました。
新次郎が榮三郎に、あさを刺した萬谷はどうなったか聞くと、まだ捕まっていないようでした。

すると千代が怪しい人影を見つけ、新次郎がその男を後ろから羽交い締めにしました。しかしその男は九州から見舞いに来た亀助でした。

あさの入院生活は始まったばかりです。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 122話 千代と将来の夫・東柳啓介との出会い

あさが来た 121話 仕事バカのあさに呆れる千代

あさが来た 120話 あさを心配する人々


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 120話 あさを心配する人々

萬谷に刺されたあさは、手術に成功しますが、危険な状態でした。事件を知った人々はあさの安否を心配するのでした。
第20週『今、話したいこと』より


スポンサードリンク

あさが刺され混乱する大阪


萬谷にお腹を刺されたあさは、病院に運ばれ手術を受けていました。

新次郎は医者から手術は成功したが、出血が多く危険な状態であるため、身内に連絡しておいたほうが良いと告げられました。

あさが刺されたことは街中に広がり、店にもあさの無事を確かめる客が、たくさん詰めかけてきていました。

その中に成澤もいましたが、平十郎はあさが刺されたのはお前のせいだと追い出してしまいました。

成澤にあさが刺された責任を責める平十郎

そしてこの事件は新聞にも載り、遠く大隈重信のもとまで届きました。

【感想】この頃の日本には、既に安全な麻酔と、ある程度高い手術が行われていたんですね。素晴らしい!!


スポンサードリンク


あさを心配する人々


千代は責任を感じて放心状態になってしまい、あさの側から離れようとしませんでした。

東京からはあさの弟の今井忠嗣も駆けつけました。

あさの病状は数日経っても回復しませんでした。

そのころ、大隈重信は見舞いの手紙をあさ宛てに書き、成澤はその手紙を読みながら、死ぬはずはないと祈りました。

千代は涙を流しながら、つきっきりであさの体を擦っていました。そして新次郎の姿を見た途端、死んだらどうしようと泣き崩れてしまうのでした。




あさ奇跡の生還


あさが眠るベッドの傍らで、新次郎は語りかけていました。

そして自分より先に逝くことは許さないと手を強く握り締めると、小さな声でなにか話しました。

あさを必死に呼ぶ新次郎 あさが来た

新次郎が必死であさを呼ぶと、あさの口から「まだ死にとうない」という言葉が出て、目覚めたのでした。

あさの奇跡の生還でした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 121話 仕事バカのあさに呆れる千代

あさが来た 120話 あさを心配する人々

あさが来た 119話 刺されたあさ


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 119話 刺されたあさ

あさは、銀行の儲けを女子大設立に回しているという悪い噂を立てられ、店の出入りを禁止されてしまうのでした。
第20週『今、話したいこと』より


スポンサードリンク

加野銀行から追い出されたあさ


大隈重信の賛同を得てから、東京での賛同者集めは順調に進みました。

しかし大阪に戻ったあさは、榮三郎から女子大を創る資金に、銀行の儲けを回している悪い噂が広まっている話を聞かされました。

そのために、たくさんの預金者が取引を止めに来ているというのです。

またあさは平十郎から、成澤は銀行には何の関係のない人間で、女子大の設立は道楽とまで言われてしまうのでした。

とうとう、あさは新次郎の同意も得られず、店の中に入ることもできなくなったのです。


母娘の大げんか


千代は、あさに新次郎から先のことを一緒に考えるようにと伝えると、あさは千代も自由にしたらいいと素っ気なく言って、席を立とうとしました。

すると千代は怒り出し、自分が生まれてこなければ、良かったんでしょ?と歯向かいました。

あさは産んで後悔したことはないと、言いましたが千代はあさの言葉を受け入れず、あさまでも千代に強くあたってしまうのでした。

千代が行ってしまったあと、宣が現れ、千代があんなことを言ったのは自分のせいだと打ち明けるのでした。

スポンサードリンク


萬谷が加野銀行に再び現れる


店には萬谷が来て金を貸せと暴れ、貸せないと言われると、あさが女子大の設立に銀行の金を使ってると大声で喚き散らしていました。

仕舞いには女子行員にまで手を出そうとした萬谷を、新次郎が羽交い締めにして止めました。

新次郎は、男が女子に手を上げることと、あさに的外れな悪口を言われることは許せないと、萬屋を店から追い出したのでした。

萬谷を懲らしめる新次郎 あさが来た

【感想】また、萬谷のしわざか!!ヾ(。`Д´。)ノ
新次郎が怒りを露わにしたのは、これが初めてじゃないでしょうか?新次郎も怒ることがあったんですね。


あさが刺される


あさは家の外で、千代の帰りを待っていました。千代の姿を見つけたあさが声をかけると、千代はまだすねていました。

あさがもっと千代と話がしたいと言うのですが、千代は相変わらず話すことはないと言って、また行ってしまうのでした。

すると千代の背後で、バタッと音がしました。振り返ってみると、萬谷と萬谷に刺されて倒れているあさの姿がありました。

萬谷に刺されるあさ あさが来た

萬谷は足をもつれさせながら逃走し、騒ぎに気づいた新次郎が店から飛び出してきました。


スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 120話 あさを心配する人々

あさが来た 119話 刺されたあさ

あさが来た 118話 大隈重信に会いに東京へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 118話 大隈重信に会いに東京へ

手紙の返事が来ないあさは、直接大隈重信に会うために、東京へと旅立つのでした。
第20週『今、話したいこと』より


スポンサードリンク

大隈重信に会いにいざ東京へ


あさは早速、東京の大隈重信に手紙を書きました。しかし、なかなか返事が来ませんでした。

大隈重信の家には毎日何十人もの人が押しかけていたため、あさも東京に行き、直接大隈重信に会うことにしました。

東京に着いたあさが、大隈重信邸へと向かい、玄関で挨拶すると重信の妻・綾子が出てきました。

あさが名乗ると、綾子はあさを覚えていて、重信が会うのを楽しみにしていると言いました。


大隈重信に反論するあさ


大勢の客人で、なかなか重信に近づけないあさを、綾子は重信の近くまで連れて行ってくれました。

すると重信は、あさを女子にも大学校が必要だという実業家であると、客人たちに紹介しました。

そして昔の日本は女子を軽んじる風潮があったが、明治以降女子教育は一気に進んだと述べました。

今の日本の教育は賢母良妻に値し、西洋でも難しい女子の大学校を造るのは時期尚早だと述べるのでした。

しかしあさは重信とは真逆の考えであることをはっきりと言い、未だに女子の教育は不十分であることを切実に訴えました。

大隈重信に反論するあさ あさが来た

客人の中には、あさの口上を失礼だと言い出す者もいましたが、あさは説明を続けるのでした。


スポンサードリンク


大隈重信の協力を取り付けるあさ


あさが咳き込んでしまい途中で説明が終わると、意外にも重信は見事なプレゼンテーションだったとほめ称えました。

重信は女子の教育が後回しになっていることを、自覚している上で、大臣でも何でもない自分は役に立ちそうもないと言うのでした。

あさは学校を作った先輩として、会って話ができたことだけでありがたいと言いました。

爆弾を投げられた重信は、本当の味方はいないのかもしれないとこぼしました。

するとあさは商いでも、生き馬の目を抜くような、世知辛いところがあると賛同するのでした。

その点教育は違いますねとあさが言うと、重信もあさの意見に賛同して、できる限りの協力はさせてもらうと、約束を取り付けることができたのでした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 119話 刺されたあさ

あさが来た 118話 大隈重信に会いに東京へ

あさが来た 117話 寄付金集めに苦労するあさ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 117話 寄付金集めに苦労するあさ

仕事を成澤と分担したあさは、寄付金を集めようと回りますが、女子教育に理解が得られず苦労するのでした。
第20週『今、話したいこと』より


スポンサードリンク

あさと成澤の仕事分担


はつのもとに届いた藍之助の手紙には、丁稚から正式な行員になったことが書かれていました。

さらに手紙の中には、初めてもらったのお給金で、はつのために買った軟膏が入っていました。

あさは成澤に「女子教育の理解を得ること」と「大学校設立の資金を集めること」をしなければならないと説明しました。

あさは、自分は資金集めをし、成澤には教育のことだけを考えてほしいと述べるのでした。

そのためにまず、『女子ノ教育ニ就テ』を本にして、あさがそれを持って全国の財産家を回ってみるつもりだと答えるのでした。



なかなか集まらない寄付金


こうしてあさは、成澤の予てからの支援者とともに運動資金を用意すると、大阪中野島に活動の拠点を作りました。

女子大学校創立事務所 あさが来た

まずは30万円以上の寄付を集めるを目標にし、10万円集まった段階で大学設立に着手したいと説明しました。

しかし名立たる商人や財界人にあたってみたものの、なかなか理解は得られませんでした。

その中には上得意様の工藤徳右衛門も含まれており、挙句の果てに怒らせてしまいました。

それを知った頭取の榮三郎まで、怒らせてしまうのでした。

スポンサードリンク


甘くなかった寄付金集め


あさが落ち込んでいると、榮三郎から話を聞いた新次郎があさの横に座りました。

あさは新次郎や成澤のように女子教育を真剣に考えてくれる人はそういないのだと、痛感させられていました。

要はどんな人に出会えるというだけで、自分が思っているほど、世の中の考え方は変わっていないのかもしれないと言うのでした。

そして自分は、新次郎に出会えて、色んな道を開いてもらったと話し、今の若い女子にも大学校は大きい道標になると、あさは新次郎にそう言いました。

そしてあさにはもう一つ、千代と一緒にその大学校で学ぶ夢がありました。その話を聞いた新次郎は、新たにあさを応援したくなるのでした。


寄付金の集め方を調べる


あさは他の学校はどうやって寄付を集めたのか疑問に思っていました。

同じことを思っていた成澤は、私学の東京専門学校に寄付金の集め方を聞きに行ったが、そんな話はできないと追い出されたと言いました。

するとあさは何か閃いたように、東京専門学校を設立した大隈重信に手紙を書いてくると立ち上がりました。

あさは直接、大隈重信に話を聞いてくるというのです。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 118話 大隈重信に会いに東京へ

あさが来た 117話 寄付金集めに苦労するあさ

あさが来た 116話 成澤に資金援助するあさ


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 116話 成澤に資金援助するあさ

あさに成澤探しを頼まれた新次郎は、渋々捜索することになったのですが、成澤の顔を新次郎は全く知りませんでした。
第20週『今、話したいこと』より


スポンサードリンク

成澤を探しに行く新次郎


新次郎はあさに頼まれて、渋々成澤泉を探す羽目になりました。

平十郎から成澤の風貌を聞くも、とりあえずビールでも飲みに行こうかと言うと、美和目的で平十郎もついて行くことにしました。

美和の店に着くと、英語で歌を歌う男がいました。その男を見た途端、平十郎はあれが成澤だと新次郎に伝えました。

すると新次郎は、また英語をしゃべる怪しい男かと呆れてしまうのでした。




あさと成澤の再会


あさが炭坑から戻ると、家に成澤が待っていました。新次郎が約束通りに成澤をさがして連れてきたのです。

成澤はあさが自分の原稿を懇切に読んでくれたことに感激しました。

あさは成澤には実現できないと言ったことを謝った上で、今でもできないと思っていることを正直に話しました。

成澤はあさに賛同者になってくれたことに喜んでいましたが、あさは名前を貸すだけでなく、女子の大学校を創る手伝いをしたいと申し出ました。

そして一番役に立つことは何かと考え、お金だと結論づけたのでした。

スポンサードリンク


あさと平十郎の対立


あさが成澤と風呂の扉越しに融資の話をしていると、平十郎はお金は貸せないと言いました。

あさは志の高い事業に融資すべきだといい、平十郎は本当にできるかわからないものに、お金は出せないと互いに引きませんでした。

すると風呂から成澤が飛び出してきて、自分はお金が借りたいわけではなく、あくまでも教育者としていたいと言うのです。

風呂から飛び出す成澤泉 あさが来た

呆れたあさは、大学校設立のお金をざっと見積もると30万円(現在の15億円以上)になりました。

その金額を聞いた成澤は、風呂場でひっくり返ってしまうのでした。


寄付で学校を設立


飯も食うのがやっとの成澤には、30万円は途方もない額でした。

あさは誰からもお金を借りたくないという成澤にどうするつもりなのか聞きました。

すると成澤は、西洋では多くの学校が寄付で成り立っている話をし始めました。

しかしあさが現実問題、今の成澤では3万を集めるのも難しいと言いました。

頭を抱える成澤に、あさはできることからはじめましょうと、成澤の衣装を新調するにしたのです。

後日、その衣装で現れた成澤は見違えるほどでした。そしてあさは、成澤に当面の運動資金にしてほしいと、自分のお金を寄付したのでした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 117話 寄付金集めに苦労するあさ

あさが来た 116話 成澤に資金援助するあさ

あさが来た 115話 成澤を待つあさ


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

清貧

貧しくても清く美しい様


スポンサードリンク

意味


清貧(せいひん)
貧しくても清く美しい様


エピソード


【114話】
あさとの会話の途中で、栄養不足でめまいを起こし、あさにもたれかかったところ投げ飛ばされ、ソファーで休んでいたところを、よのが成澤の顔を見て言った言葉。

関連記事


清貧

鹿鳴館


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鹿鳴館

日本政府が日本も立派になったということを異国に示すために建てられた建物


スポンサードリンク

意味


鹿鳴館(ろくめいかん)

日本政府が日本も立派になったということを異国に示すために建てられた建物


エピソード


【96話】
千代がおみやげでもらった鹿鳴館の絵を眺めているとあさが千代に説明する場面で登場。

日本政府が日本も立派になったということを異国に示すために建てられた建物で、舞踏会が行われる。


関連記事


清貧

鹿鳴館

大蔵省会計検査院


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪商業講習所

大阪の様々な会社の経営陣となる人材を養成するための商業の学校


スポンサードリンク

意味


大阪商業講習所(おおさかしょうぎょうこうしゅうじょ)

大阪の様々な会社の経営陣となる人材を養成するための商業の学校


エピソード


【85話】
五代たちが開校した大阪の様々な会社の経営陣となる人材を養成するための商業の学校

関連記事


官有物

大阪商業講習所


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 朝ドラ あさが来た ブログトップ