So-net無料ブログ作成
検索選択
科学ニュース ブログトップ

忍者の真の姿とは?衣装、任務はイメージとはかなり違っていた

忍者といえば、忍者ハットリくん、柳生十兵衛などをイメージするが、真の忍者は衣装から任務まで、私たちが知っている忍者とかなり違っていたという。


2015年11月8日放送の『所さんの目がテン!』から


スポンサーリンク



忍者の真の姿


忍者の真の姿は、現代が思うイメージとはかなり異なると言うのは、三重大学 人文学部 山田雄司教授だ。


忍者の役割(忍者の任務 情報の伝達)
忍者の一番の任務は、情報を得て主君に伝えること。

相手の兵糧がどれくらいあるか、城の中の見取り図などを、あとで武士が戦う時に便利な情報を伝える
現代風に言い換えるならば、スパイ活動が忍者の任務と言えるだろう。


【其の一】争いごとは避けていた
そのため、なるべく敵と戦わないことが重要だった。そこで忍者の代名詞とも言える手裏剣は、実際には忍者とは関係がなかったようだ。


【其の二】コミュニケーションの達人
お坊さんや旅芸人に変装し、昼間に町や城に入っていって、現地の人と仲良くなって話を聞き出す


【其の三】敵同士でも情報交換をしていた
忍者同士がつながっていて、情報のやり取りをし任務をスムーズに遂行していた

一節では、武田信玄が自分の死を3年間隠すように言っていたが、死後間もなくすると、上杉謙信や織田信長にバレていたのは、この忍者同士の情報交換があったからだと言われている。


実際の忍者の特徴


そして、実際に忍者になれる人は次のような特徴を持った人だという。
※ただし、体力などは今回は考えていないようだ。

一、目立たない体格
二、平凡な顔で影が薄い
三、相手をあざむく演技力(方言など)

現代の芸能人に例えると、ドランクドラゴン鈴木拓が当てはまるらしい。

ten151108a336.jpg



スポンサーリンク



忍術修行とは


次に、忍術を教えてくれるのは、三重大学特任教授 川上仁一氏。

まずは、忍者の服装から
忍者と言えば『黒で統一』というイメージだが、実際は、黒、紺、グレーなど色はバラバラ。これは忍者の服は農民の作業着と同じ色を使って目立たなくするためだ。


次に『忍者の教え』を幾つか見てみよう。

【其の一】忍び歩き「抜き足差し足」
 足をすらない歩き方の忍び歩きは、真っ暗な場所でもつまずかない利点を持っている

【其の二】忍び歩き「横歩き」

【其の三】鉄びし(まきびし)
 逃げる最中にまくイメージだが、実際は逃げ道を確保して、その場所に先にまいておく

【其の四】鶉(うずら)隠れ
 一反風呂敷を腰に巻き、風呂敷の角を掴んで、頭からかぶって上半身を隠し、そのまま丸くうずくまると、体全体を隠すことができる。

ten151108b336.jpg

また、一反風呂敷(いったんふろしき)は、盗んだものを包んだり、ケガをした時の包帯代わりに使ったりと、忍者が好んで使っていた道具


ムササビの術はできるのか?


『ムササビの術はゆっくり斜めに落ちてくる飛び方なら十分可能である』そう語るのが、首都大学東京 航空宇宙システム工学コース 金崎雅博准教授。

その時、重要なのが前の方からどんどん空気が入ってくる形にする。かまぼこ形に湾曲させると、なかなか空気が逃げ出すことができずに、内側の圧力が高めることができ、浮く力がえられるからだというのだ。

そして完成したのが、横3.4m、縦1.7mの大きさで、進行方向に空気の取り入れ口がある機体だ。これを崖から投げ出す実験をしてみる。

今回は安全を考慮し人形で実験することに…しかしその結果は、機体が反転してしまい墜落してしまった。

ten151108c336.jpg

しかし、金崎准教授曰く、人間が操縦していたら姿勢制御ができ、うまく飛んでいたはずだという。

また芥川家文書には、1087年に忍者が空から金沢城に火を放ったという記録がある。



スポンサーリンク




nice!(5) 
共通テーマ:日記・雑感

人工蜘蛛の糸の強度は鋼鉄の340倍!その繊維で作ったアウタージャケット

宇宙服、防弾チョッキ。それらを強化するためNASAや米軍はある素材に挑むが失敗。

その素材を日本人が創りだした。その人物は関山和秀氏(32歳、スパイバー代表執行役)

その何の変哲もない糸は、鉄より強くゴムのように伸び、しかも材料に石油を一切使っていない。その糸は人工的に作った蜘蛛の糸だ。

その人工蜘蛛の糸の実用化に挑むのがスパイバーは山形県鶴岡市にある。

2015年11年1日放送の『夢の扉』から


スポンサーリンク



蜘蛛の糸の強度



蜘蛛の糸は自然界屈指の丈夫な物質で、鋼鉄の340倍の強さがあり、防弾チョッキに使われるアラミド繊維の強度を36とすると、85~272の強度を持つ。

アメリカジョロウグモ:85
ニワオニグモ:123
ダーウィンスパークスパイダー:272

計算上では直径1cmの蜘蛛の糸で、縦横500mの蜘蛛の巣を作った場合、離陸するジャンボジェット機を抑えられるという。

もう一つの特徴がゴムのように伸びること。人工蜘蛛の糸を引っ張ってみると、元の長さの倍以上でも切れなかった。

人工蜘蛛の糸の作り方



クモは共食いするため養殖できない。
そのため、ある生き物から原料を作っているという。その生き物とは微生物。

蜘蛛の糸の正体はタンパク質。人がタンパク質で髪や皮膚を作るように、クモは糸を作る。関山氏はクモ糸のタンパク質を微生物に作らせる技術を開発したのだ。

そして微生物からタンパク質だけを取り出し、人工蜘蛛の糸の原料にした。

粉末状の原料を特殊な液体に溶かし、細い穴から絞り出す。すると糸状になるのだ。

yume151101b336.jpg

タンパク質100%の石油を使わない、地球にやさしい繊維なのだ。

人工蜘蛛の糸の応用



この繊維様々な分野で研究が始まっている。

その代表的な分野を幾つか上げると、人工蜘蛛の糸で編んだ人工血管(タンパク質由来で体への影響が少ないとかんがえられる)

yume151101c336.jpg

また、フィルム状にも加工できるので、新素材として様々な分野での使用が期待される。

この夏その夢が動き出した。富山県ゴールドウィンテクニカルセンターで人工蜘蛛の糸で世界初の製品開発

今の石油製品をすべて人工蜘蛛の糸で作ることを夢みている


スポンサーリンク



微生物からクモ糸を作り出す方法



クモには糸のもとになるタンパク質を作る遺伝子がある。その遺伝子を微生物に移植して、タンパク質を作らせるというもの。

しかしこの方法は、過去に他の研究者が挑んだが失敗した。

そこで関山氏は、微生物に移植する遺伝子を改良し、微生物でも機能するものすれば、クモ糸のタンパク質ができると考えた。

そして研究開始から3年が過ぎたころ、顕微鏡の中に1mmの糸を見つける。それからは

2007年 9月 会社スパイバーを設立。本格的な量産化を目指す
2008年10月、クモ糸は2cmになり、2009年2月には巻き取れるほどの長さまで

2015年 5月 山形県鶴岡市に月に1トンを生産できる大規模工場が完成

そして今年、ゴールドウィンの協力の下、その人工蜘蛛の糸で作ったアウタージャケットが完成している。
yume151101d336.jpg



スポンサーリンク



nice!(12) 
共通テーマ:日記・雑感

マツコロイドの制作費 2000万円より安かった事実が判明!!

「マツコとマツコ」に石黒浩教授が開発した子供型アンドロイド「コドモロイド」が登場!

マツコロイド(マツコに似せて作られたオトナロイド)に『あなた子供欲しいって言ってたわよね』とマツコ・デラックスの秘密を明かす。


さらにコドモロイドからは『お腹の中に子供がいるって本当?』と聞かれ『関ジャニの村上さんから聞いた』と言うコドモロイドにマツコ・デラックスは困惑する






コドモロイドとは?


コドモロイドとはアンドロイド研究の第一人者・石黒浩教授が開発した、子どもの見た目をした遠隔操作型アンドロイドだ。

「人間とは何か」をテーマにアンドロイドの研究を進める石黒浩教授。

その中でもコドモロイドは、社会的に弱い存在で未来と退治する象徴である子供の姿を持ちながら、地上で起きている問題を淡々と読み続ける行動から、私達の未来への問いを投げかけるアート作品としても作られた。

そんなアンドロイドたちに、2015年6月25日(水)から日本科学未来館にて会うこと
ができる。

ここに来たお役さんの話では、難しい話でも可愛い声で聞きやすかったという意見が多かった。

これは、外見や声が「子ども」というだけで、見る者が感情を揺さぶられ、親近感を抱くという狙いに合致している。

興味のある人は是非、日本科学未来館に言ってみてほしい。

mm150620a1x30.jpg

番組に登場したコドモロイドのマツコの感想


番組に登場したコドモロイドは、マツコが想像していた外観とは違っていたようだ。

マツコは、もっと小さい子どもを想像していたらしく、その完成された10代後半の子どもを受け入れがたい様子だった。

なお、このコドモロイドの声を担当したのは、ランドセルのCMでお馴染みのエヴァちゃん(7歳)。

思わず「カワイイ」と言ってしまったマツコは、どちらかと言うと、エヴァちゃんのような子どもがほしいようだ。






マツコロイド 驚きの制作費


今回はマツコロイドが猿回しに挑戦!この挑戦に協力したのはアンガールズの田中。

見せ場はサルのりくくんがマツコロイドの頭をどつくシーン。

まずはアンガールズ田中にどつかれてもらったところ、これがかなり強い衝撃でどつかれる。

心配した田中がテクニカル部門のスタッフに聞くと、毛が抜けると修理が大変なため、頭を外してもらうように依頼があった。

この時驚いたのが、マツコロイドを動かすスタッフがおよそ3人でマツコロイドの声を担当しているホリさんがいないこと。(コドモロイドのときはエヴァちゃんが声を直接吹替えしてたのに…)

そして、マツコロイドの制作費が1500万円であることだ!

数百万円以上はすると想像はしていたが、1500万円と聞いて正直驚いた。

相手がテレビ局だから、石黒浩教授がふっかけたのかな?

しかし、どつく練習の最中、りくくんが突然頭をどついてしまう。

すると、テクニカルスタッフの青ざめた顔が…(この制作費本当かも…)







nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜前線北上中!標準木ソメイヨシノの起源に迫る

現在北上中の桜前線。4月12日の今、新潟は満開の時期を迎えている

しかし桜って不思議な木だなって思う。それは桜だけが、葉が出る前に花だけが一斉に咲き、散った後で葉が出てくる植物だからだが

しかし、それ以外、桜について何も興味がなかったし知識もなかったが、そんな時ちょうどNHKのサイエンスZEROで「ソメイヨシノ」について放送していたので、これを機会に勉強してみた

※4月5日の「サイエンスZERO」から


スポンサーリンク



桜の開花時期


何となく桜の開花時期って、3月下旬~4月上旬って思っているんだけど、よく調べてみると

沖縄(南大東島)は1月下旬
北海道(稚内)は5月中旬

sz150407a4x33.jpg

と日本をなんと4か月ほどかけて縦断しているのだ。つまり、桜の開花を追っていけば、1年の3分の1は桜の花を見れるということ

パッと咲いて、パッと散るイメージがある桜も、こんなふうに見てみると、案外長い期間見ることもできるんだなぁと嬉しくなる


なぜ桜は一斉に開花するのか?


桜は、ある一定の気温条件になると一斉に開花するけど、その理由は「同じ遺伝子を持っているから」だそうだ
つまり、日本中に植えられている桜のほとんどがクローンだということ

そしてその桜は、皆さんもご存知の「ソメイヨシノ」と呼ばれる品種で、江戸時代の後期(1800年代前半)にできた品種だという

でも江戸時代にクローンを作るバイオ技術なんて無かったんじゃない?って思っていたら、なんてことはない。「接ぎ木」されて、増やされてきたのだ

確かに原木の枝を台木に接ぎ木していけば、同じ遺伝子をもつ木をたくさん作れるよね


ソメイヨシノってどんな品種?


本題に入る前に、サイエンスZEROで「ソメイヨシノ」って、漢字で「染井吉野」って書くことを知った(汗)

【消】本題に入る前に、4月5日のサイエンスZEROで、題“ソメイヨシノの起源に迫る”をやっていたんだけど、その時初めて「ソメイヨシノ」って、漢字で「染井吉野」って書くことを知った(汗)

桜といえば「ソメイヨシノ」ってイメージが強いですよね。

そのソメイヨシノ。専門家の話では全国には数百万本あるのではと言われている

で、こんなに増やされた理由というのが、ソメイヨシノの成長力だという。これは木の成長が早いと植えてから花見ができるまで短期間で作れることにつながる。

つまり『花見の名所を作る立場の人にとって、凄く使いやすい樹種だたのではないか』というのが、一専門家の推測なのだ

でも一番の理由は、美しい桜を作ろうとしたのが理由だと思うけどなぁ。


スポンサーリンク



ソメイヨシノの起源に迫る


全国に数百万本あると言われるソメイヨシノ

品種改良された桜ということは、その元となる品種があるわけで、今その品種をDNAを使って解明しようとする試みがある

それが森林総合研究所(茨城県つくば市)だ

まずは、野生の桜の種類だが、ある分類では10種類あるそうで、それが次の品種だ

チョウジザクラ/ オオヤマザクラ/ カスミザクラ/ タカネザクラ/ マメザクラ
カンヒザクラ/ ヤマザクラ/ エドヒガン/ オオシマザクラ/ ミヤマザクラ

sz150407a2x33.jpg

これまでの研究で、ソメイヨシノの親候補に上がっていたのは“オオシマザクラ”と“エドヒガン”だ

しかし森林総合研究所では、DNAのSSR(シンプル・シーケンス・リピート)という部分を比較する方法を使った結果、ソメイヨシノは次の野生種のブレンドであることが判明した
  • エドヒガン 47%
  • オオシマザクラ 37%
  • ヤマザクラ 11%
  • 不明 5%

そしてこの結果から、研究所ではソメイヨシノの起源について新しい推測を始め、ソメイヨシノの片方の親は“エドヒガン”、そしてもう片方の親は“オオシマザクラとヤマザクラ”が交雑したものではないかという


新説が登場 ソメイヨシノの起源


従来ソメイヨシノの発祥とされてきたのは、山手線駒込駅近く旧染井村。江戸時代後期、染井村の職人が発見し、全国に広がっていったと考えられてきた

しかし新しい仮説では駒込ではなく、上野に原木があると唱えるのは、千葉大学大学院園芸学研究科の中村郁郎教授

上野公園の一角には、多様な桜が一箇所に並んでいるが、これはさくらの自家不和合性※からいうと無関係の個体が、同じ遺伝子をもつことはあまりないのだ

sz150407a3x33.jpg

しかし、この一角には同じ遺伝子をもつ個体があり、同じ場所に同じ遺伝子をもつ個体は兄弟以外考えられないという

そしてその兄弟の中からいいものを選ぼうと考えだったのではというのが中村教授の推測だ

しかし、この仮説には『現地だけの解析だけではサンプル数が少ない』という意見もある


※自家不和合性:自家受精できない性質のこと。つまり受精するには、ほかの桜の木が必要になる


スポンサーリンク




nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大林組が宇宙エレベーターの2025年着工、2050年完成を目指す

日帰り宇宙旅行。乗り込むのはケーブルを使って登って行く宇宙エレベーターという乗り物。

時速200kmで上昇。目的地は高度400km。国際宇宙ステーションと同じ高さ。

何と今から35年後の2050年には、宇宙エレベーターで気軽に宇宙に行けるというが、はたして本当なのか?

2025年には着工。その建設費は10兆円。

そんな壮大な構想をしているのが、東京スカイツリーを建設した大林組だ。





宇宙エレベーターのメリット


宇宙エレベーターはアースサポートと呼ばれる赤道直下に建てられた建物から出発する。

現在、宇宙に行く手段はロケットしかなく、その重量の9割は燃料であるためコストがかかる。ところが宇宙エレベーターを使えば、安くて安全に宇宙に行けるのだ。

1kgを国際宇宙ステーションの高さまで運ぶのにロケットでは約100万円宇宙エレベーターでは約1万円しかかからない。

最初に宇宙エレベーターを言い出したのは、ロシアの科学者、コンスタンチン・ツィオルコフスキー(1857-1935)。その彼が言ったのは「宇宙へ届く塔を建設し登っていけば、次第に体が軽くなり、重力がなくなるだろう」これが1889年エッフェル塔が作られた年である。

zero150104-1x32.jpg


宇宙エレベーターは塔ではない


宇宙エレベーターは普通のエレベーターではない。乗る部分には車輪がついていて、その車輪でケーブルをはさみ上昇するモノレールのようなもの。そしてケーブルがあれば塔(建物)はいらない

塔がないのに、どうやってケーブルを張るのか?
ロケットは、真上に上がるのではなく、地球を回りながら上昇しているため、打ち上げるロケットからケーブルを張ることはできない。

また、ケーブルを上から下ろす方法だが、例えば国際宇宙ステーションは、秒速8kmという超高速で移動しているため、そんな拘束で移動するケーブルを地上に下ろしたら大混乱になる。

それを解決したのが、ユーリ・アルツターノフ。ソビエトの科学者だ。
彼が目をつけたのが高度3万6000kmの静止軌道。地球の自転と同じスピードで回っているため、地上からは止まって見える軌道だ。

1979年には英国のSF作家、アーサー・C・クラークが、この考えを元に宇宙エレベーターをテーマにした小説「楽園の泉」を発表する。


ゲストは石川洋二さん 建設会社(大林組) 宇宙エレベーター研究開発チーム・リーダーだ。
会社が東京スカイツリーを完成させた2012年に構想を発表したと明かす。

構想では3万6000kmではなく、全長10万kmの宇宙エレベーターを考えているという。その理由が

ケーブルを静止軌道から下ろしただけでは、重力に引っ張られて落ちてしまうため、バランスを取るために上にも伸ばすので、10万kmになる。

zero150104-2x32.jpg

全長10万kmのケーブルを張る方法とは


  1. 静止軌道上に建設用の宇宙船を送り込む
  2. ケーブルを下に垂らしていくが、このままでは重力に引っ張られ地球に落ちてしまうので
  3. 地球と反対側にもケーブルを伸ばしていく。このときのケーブルの全長は9万6000kmとなる
  4. ケーブルは周回の影響を受け、真っ直ぐに降りないため、先端に推進器を取り付けて制御する
  5. 時速15kmで地球を目指し、大気の影響を受けるようになったら、バルーンを開いて減速する
  6. 100日ほどで地球に到達し、宇宙と地球がケーブルで結ばれる
  7. 最初のケーブルには充分な強度がないため、ケーブルを補強して完成となる

最終的なケーブル一本の重さは7000トンとなるが、その幅は数cmしかないというから驚きだ。

zero150104-3x32.jpg

ケーブルを張る工事は、2030年から2050年の20年間をかけて張る計画だという。最初のケーブルを下ろすのに100日ほどだが、残りのほぼ20年間は補強のための工事ということになる。


クライマーへのエネルギーの補給方法


実はケーブルを張る前に解決すべき問題がある。それがどうやって、上昇するクライマー(搭乗機)にエネルギーを補給するのかである。

バッテリーを積むと重くなり上昇できなくなってしまう。
そのためクライマーの外からエネルギーを供給する必要がある。

NASAから支援を受けてクライマーを上昇させる技術を研究をしてきた、スペースワード財団のベン・シェルフ会長。

ベン氏が着目したのはレーザー光線。クライマーに取り付けた太陽光発電パネルにレーザー光線を当てて電力を生み出す方法だ。レーザー光線は拡散しにくいので距離が離れても、エネルギーを供給できる利点がある。

欠点は厚い雲や雨などの障害に弱く、クライマーまでレーザー光線が届かなくなる点だ。

ほかにもマイクロを使えば雲などの障害物に影響されない長所はあるが受診するアンテナが大きくなる短所がある。などエネルギー供給方法は問題が山積している。


ケーブルの問題はクリアできるのか


宇宙エレベーターが構想に留まっていたのは、強度が強いケーブルの素材がなかったからだ。

10万kmという長いケーブルを既存の素材で作ると自重で切れる。金属製のワイヤーだと静止軌道から7000km下ろしたところできれてしまうのだ。

そこで現在素材として考えられているのが「カーボンナノチューブ」だ。

zero150104-4x32.jpg

1991年に日本の科学者が発見したもので、炭素の原子が円柱状に結合した構造を持つ。その強さは哲の5分の1の重さで20倍以上の強さを持つと言われている。

しかし、これにも課題が残っている。それは短いものはできるが、長いものがまだできないことだ。その現在の長さは最大2cmだ。

今まではカーボンナノチューブを長くする必要がなかった。しかし「必要は発明の母」と言うことから、必要だったら誰かが作ってくれるんじゃないか、と思うと締めくくった。

うーん、大林組さん大丈夫かな~。『ケーブルができなかったから計画が遅れた』ってことにならないでくださいね。楽しみにしているんで(笑)


ロケットの代わりだけじゃない!宇宙エレベーターの可能性


宇宙エレベーターが実現すれば、ロケットの代わりだけじゃなく、宇宙開発そのものが飛躍的に変わる。

宇宙エレベーターの拠点となるのが、高度3万6000kmの静止軌道ステーション。この場所の無重力状態を活かした様々な研究が行われる予定。巨大なソーラーパネルも設置され、エネルギーも供給される。

高度5万7000kmにあるのは、火星連絡ゲート。この位置で宇宙船を切り離すと、火星までたどり着ける。これはハンマー投げのように切り離すだけで遠くへ行くことができるのだ。

zero150104-5x32.jpg

高度9万6000kmが宇宙エレベーターの終点。この位置は火星連絡ゲートよりも速い速度で回っているため、ここから宇宙船を切り離すと、火星よりも遠い木星や小惑星に行くことができる。

宇宙エレベーターを1基作ると、宇宙へ資材を運ぶことが簡単になり、宇宙ビジネス・宇宙開発が一気に花開く。

また、月や火星にも宇宙エレベーターを建設すれば、各惑星間を今までとは比べ物にならないくらい簡単になるのだ。

こんな夢のような時代が早く見てみたいものだ。





nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
科学ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。