So-net無料ブログ作成
検索選択

とと姉ちゃん 48話 常子、初仕事を任される

一向に仕事を回してもらえない常子は、自分がクビになるのでは心配し始め、周りの人に相談し始めたのでした。
第8週『常子、職業婦人になる』


スポンサードリンク

早乙女朱美


常子を紹介した上司はタイプ室の責任者の早乙女朱美に、常子を任せると部屋を出て行きました。

常子が改めて、朱美に挨拶しようとすると、時間の無駄とばかりに、仕事の説明をはじめました。

一旦タイプ室を出てタイムカードの使い方を教え、
また部屋に戻ると、常子が使う和文のタイプライターの前に連れて行くと説明を終えてしましました。

常子が、慌てて自分の仕事を聞くと、朱美は自分が仕事を割り振っているから、それまで待機するように言いました。


【感想】諸橋道子、多田かをる


仕事をさせてもらえない常子


職業婦人を目の当たりにした常子は、その姿に感激し、負けずにがんばらねばと、奮い立ちました。

しかし夕方になっても常子に仕事が回ってくることはありませんでした。

しびれを切らした常子は、早乙女の席まで行って、自分にも仕事を回してくれないかと頼みました。

しかし早乙女の口から待機するようにと言われたまま、この日は結局、何の仕事もさせてもらえませんでした。



スポンサードリンク


クビを心配する常子


森田屋に帰った常子が、今日の会社での出来事を話すと、新人なんてそんなものだから、心配し過ぎないようにと気遣ってくれました。

しかし気を持ち直した常子でしたが、翌日もまたその翌日も一向に仕事は回って来ませんでした。

会社を終えた常子は、星野をぜんざい店に誘って、会社での出来事を話し、このままクビになってしまうのではと不安を打ち明けました。

星野に仕事の悩みを打ち明ける常子

すると、常子さんらしくないと真剣に話を受け止めてくれる星野に対して、常子はおかしくも嬉しく思うのでした。


初仕事


翌日常子が早乙女に直訴しましたが、やはり待機するようにの一点張りでした。

常子が課長に相談すると、タイピストは早乙女に一任していると、掛け合ってもらえませんでした。

すると今度は手当たり次第男性社員に、手伝うことはないかとお願いして回りましたが、全部断れてしまいました。

そんな常子を見兼ねたのか、早乙女が現れ常子に原稿を渡しました。

4時までに仕上げるように仕事を任された常子は張り切って、タイプを打ち始めるのでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 48話 常子、初仕事を任される

とと姉ちゃん 47話 常子、職業婦人になる


nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 47話 常子、職業婦人になる

常子の卒業と就職、そして三姉妹の誕生日を祝う宴が、森田屋で行われました。宴のあと、綾と別れを告げ、いよいよ職業婦人として働く常子でした。
第8週『常子、職業婦人になる』


スポンサードリンク

卒業&就職&誕生祝いの宴


青柳商店、星野、綾を招き、常子の卒業と就職、三姉妹の誕生日を祝う宴が森田屋で行われました。

青柳商店はかっぽれを、宗吉は腹踊りを、まつは玉すだれを披露し、場を盛り上げました。

終盤には、君子が手製のおはぎをご馳走しました。

常子は、おはぎを頂く前に、かかに育ててくれたお礼を述べ、鞠子には大学の学費を稼ぐことを約束しました。

そして取り巻く全ての人にお礼を述べる常子でした。

スポンサードリンク


綾との別れ


宴が終わり、常子は綾と一緒に森田屋を出ました。

常子が、綾との別れを惜しむと、綾は常子とは縁があるから、またどこか出会うわと笑顔で答えました。

二人が話していると、星野も明日学校だからと森田屋から出てきました。

常子は駅まで送ると言うと、綾は近くに車が迎えに来ているから、ここで良いと断り、「またね」と行って去って行きました。


常子が採用された理由


昭和12年4月、常子は職業婦人としての初めての朝を迎えました。

勤め先の鳥巣商事に着いた常子は、上司に採用してくれたお礼を述べました。

すると、上司から今回は可愛い子が少なく、まあまあ可愛かった常子を採用したと聞き、常子は呆気にとられてしまうのでした。

採用された理由を聞かされる常子

職場となるタイプ室に入ると、7名の女性がせわしなくタイプライターを打っていました。

上司は、仕事を中断させ、常子を紹介しました。常子が元気よく挨拶をして顔を上げると、そこには常子を歓迎するムードは全くありませんでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 48話 常子、初仕事を任される

とと姉ちゃん 47話 常子、職業婦人になる

とと姉ちゃん 46話 常子、就職試験に挑む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 46話 常子、就職試験に挑む

いよいよ就職試験の日がやって来ました。しかし常子は面接で調子に乗っておしゃべりをしていまい、不合格を確信するのでした。
第8週『常子、職業婦人になる』


スポンサードリンク

就職試験の日


常子は名前を呼ばれて、面接に入りました。

面接官からタイピストを選んだ理由、女学校時代に特別にしたことを聞かれた常子は、正直に高給取りになりたいから、そして歯磨きビジネスをして失敗したことを話しました。

すると面接官のようすから、このままでは落ちてしまうと感じ取った常子は、実技試験で頑張ろうと思いました。

しかし今年から実技試験がないと教えられ、絶望的な気持ちになる常子でした。




届いた合格通知


2週間が過ぎても、常子はふさぎ込んだままでした。

鞠子美子がなんとか常子を励まそうしていると、かかが慌てて部屋に入ってきて、一枚のはがきを常子に渡しました。

そのはがきは、なんと就職試験の合格通知だったのです。

早速、常子は合格通知を見せに行くと、星野はまさか受かるとは思わなかったと口を滑らせてしまいましたが、今の常子は何でも許せる気持ちになっていました。

合格を疑った星野を睨む常子 とと姉ちゃん

スポンサードリンク


ささやかな心がけ


常子が女学校を卒業する日が来ました。

女学校で過ごした中でも綾との思い出は、常子にとって忘れられないものばかりでした。

常子が東堂先生の持っていたブックカバーに目を留めると、東堂は「ささやかな心がけが小さなしあわせを生む」と答えました。

常子は東堂の「ささやかな心がけ」という言葉に感動し、自分もその気持ちを大切にする人になりたいと思うのでした。


鯛で競い合う滝子とまつ


森田屋では、常子の卒業と常子たち三姉妹の誕生日を祝う宴の準備が勧められていました。

長谷川がお祝いの鯛を買って来ると、みんなはその見事な姿に満足しました。

すると今日の宴に招かれた滝子と清、そして一足遅れて隈井がやって来ました。

隈井が築地に行って買ってきた鯛を見せると、まつたちは、自分たちが用意した鯛が小さいことに恥ずかしくなり、滝子は自慢気な態度をとるのでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 47話 常子、職業婦人になる

とと姉ちゃん 46話 常子、就職試験に挑む

とと姉ちゃん 45話 常子、タイピストの練習に励む


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 45話 常子、タイピストの練習に励む

鞠子を大学に通わせるため、高給取りのタイピストを目指すことになった常子でした。
第8週『常子、職業婦人になる』


スポンサードリンク

全然上達しない常子


常子は、タイプライターの練習をするために朝早く登校することにしました。

タイプライターを練習する常子 とと姉ちゃん

なかなか上達しない常子は、文字の配置を紙に書き写すことにしました。

文字を書き写した常子は、徹夜で練習したのですが、それでも上達しませんでした。


おさがりばかりの美子


遊び相手のいない美子は、静かに常子と鞠子の応援をしました。

そのあとは、滝子のところに行き、いつものお菓子をご馳走になっていると、滝子から年季の入った筆入れを聞かれました。

美子は、すべて自分は常子たちのお下がりばかりで新しい物を買ったことがないと説明すると、滝子は何か考えるところがあるようでした。

スポンサードリンク


綾の結婚


学校で、次々と結婚話が持ち上がると、常子は結婚に対する気持ちを考えていると、綾が大したことはないと答えました。

常子が不思議に思っていると、綾も結婚が決まったことを打ち明けました。

しかし親が決めた相手だったため、綾自身も相手にはまだ会っておらず、不安な気持ちを持っていました。


常子、あすなろの木に例えられる


常子のタイプ練習を手伝っていた星野は、上達ぶりを褒めましたが、常子は東堂先生から、まだ遅いと言われていました。

常子が学校から帰宅すると、まつからお弁当を星野に届けるよう頼まれました。

常子は星野に、練習は順調なのに不安な気持ちがあることを打ち明けると、星野自身も将来の進路が決められない現状を話しました。

星野は常子をあすなろの木に例え、自分を卑下することなく頑張れば、自分よりうまいタイピストにも負けないと応援するのでした。


いざ試験会場へ


12月になり、いよいよ就職試験の日。みんなに見送られ、試験会場となる会社へ出発する常子でした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 46話 常子、就職試験に挑む

とと姉ちゃん 45話 常子、タイピストの練習に励む

とと姉ちゃん 44話 常子、ビジネスを失敗する


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 44話 常子、ビジネスを失敗する

歯磨きビジネスに失敗した常子は、鞠子を大学に進学させるために、新たにタイピストへの特訓を始めるのでした。
第8週『常子、職業婦人になる』


スポンサードリンク

歯磨きビジネスが失敗に終わる


森田屋に立ち寄った星野が、上がり込むと歯磨き粉を入れたチューブが次々と破裂していました。

破裂する歯磨き粉から逃げる星野 とと姉ちゃん

星野は、破裂した原因は歯磨き粉とチューブのアルミが反応して気体が発生したからだと説明しました。

みんなが落ち込んでいる中で、常子一人が笑い出すと、みんなもつられて吹き出してしまうのでした。


逃げたはずの鉄郎が戻ってきた


歯磨きの破裂が一段落すると、借金を常子に押し付けて逃げていた鉄郎がひょっこり現れました。

みんなからバッシングを浴びる中、鉄郎は方々からかき集めてきたお金を常子に渡しました。

しかし、借金の返済がなくなったことを教えると、鉄郎はホッとし、みんなは鉄郎に対する誤解を解くことができました。

夜、鉄郎は仲間に借りたお金を返しに、また何処かへ出かけて行きました。

スポンサードリンク


鞠子の初めてのわがまま


常子は鞠子に、歯磨きビジネスの失敗で、大学進学が遠のいたことを謝りました。

すると鞠子は、なぜそれを知っているのか驚き、鞠子の夢が初耳だった君子も驚きました。

君子は多額の学費がかかると反対しました。

しかし鞠子の平塚らいてうのような分各社になりたいという熱い夢と常子の応援もあって、常子が仕事を見つけることを条件に、鞠子の夢を許すことにしました。


タイピストへの道


常子は学校で東堂先生に今までの事情を話し、どこか就職先を紹介して欲しいとお願いしました。

すると東堂はタイピストの推薦を貰った後藤さんが結婚することになり、推薦枠が空いたと言いました。

その話に飛びつく常子に、東堂はタイプライタの技術を習得する覚悟があるのか確認してきました。

常子が返事をすると、東堂は和文タイプライタを見せて、2273文字すべての配置を暗記しなければならないことを伝えました。

この日から常子の特訓が始まるのでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 45話 常子、タイピストの練習に励む

とと姉ちゃん 44話 常子、ビジネスを失敗する

とと姉ちゃん 43話 常子、借金取りを出し抜く


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 43話 常子、借金取りを出し抜く

常子は鉄郎の借金を肩代わりために、タダ同然で歯磨きを作るハメになった上、当の本人がトンズラするという事態に陥るのでした。
第8週『常子、職業婦人になる』


スポンサードリンク

借金取りを出し抜く計画


常子から、借金取りの話を聞いた森田屋のみんなが心配していると、常子は大丈夫と自身気に対策を話し始めました。

常子の対策とは、紙に包んだ歯磨きを渡し、自分たちはより良い歯磨きを売って、借金取りを出し抜くというものでした。

その歯磨きとは、絵の具のチューブに入れた必要な分だけ取り出せる使いやすくしたものです。

その制作のための部屋を貸して欲しいと、常子が宗吉に頼むと、人手が足りないだろうと、森田屋のみんなも手を貸してくれることになりました。


スポンサードリンク


借金取りに計画がバレる


あっという間に約束の一週間が過ぎました。

借金取りが現れ、常子が紙に包んだ歯磨きを渡すと、男は数が少ないと不審に思ったものの、それで手を打ってくれました。

しかし森田屋の中をうろつきはじめた男は、隠しておいたチューブ入りの歯磨きが見つかってしましました。

借金取りに隠した歯磨きが見つかってしまう

男たちは、毎週受け取りに来ると話し、言うとおりにできなければ、店ごと無茶苦茶すると脅しをかけてしました。


滝子にビビって逃げる借金取り


するとそこへ滝子青柳商店の男衆を引き連れて現れました。

そして滝子は、深川と喧嘩する覚悟があるなら受けて立つと啖呵を切るのでした。

すると借金取りの男たちは、足を震わせながらスタコラとその場を立ち去って行きました。

一件落着すると、滝子は相談をしてこなかった常子を叱ると同時に、大量に作った歯磨きを見て感心しました。

しかし、目の前で次々とチューブが破裂し、みんなはパニックに陥るのでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 44話 常子、ビジネスを失敗する

とと姉ちゃん 43話 常子、借金取りを出し抜く


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 42話 常子、ビジネスに失敗する

鞠子の進学の夢を知った常子は、ビジネスを成功させることを決心します。しかしまたしても鉄郎のせいで、ビジネスが頓挫してしまうのでした。
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』


スポンサードリンク

東堂、鞠子の秘密をバラす


常子は学校で東堂先生に会うと、先生のおかげで胸のつかえが取れたとお礼を言いました。

常子は、ビジネスを初められたお礼を言ったつもりでしたが、東堂先生からは、鞠子の進学についての悩みが解決したのねと勘違いされてしましました。

口を滑らせてしまった東堂は、常子に問い詰められ、鞠子が文学を学ぶために大学に進学したいと悩んでいたのをバラしてしまいました。


常子、事業の成功を決心する


常子は歯磨き事業を成功させ、自ら収入を得て、鞠子を進学させ、鉄郎の借金も肩代わりすると決心するのでした。

常子は、練り歯磨きに「KT歯磨き」と名前をつけました。

鉄郎は、大々的に売り出すための資金として、借金をしている身なのに、懐から札束を取り出して常子に渡しました。

そして鉄郎の指示の下、作業の分担を決めて大量生産のための準備を始めました。



スポンサードリンク


窮地に立たされる常子


KT歯磨きを露店で売る常子と鉄郎

鉄郎に顧客の新規開拓を命じられた常子は、鉄郎と一緒に、露店でKT歯磨きを売り始めました。

鉄郎が売り始めると人集りができ、歯磨きも瞬く間に売れていき、ついには完売しました。

すると男が二人現れました。

男たちは鉄郎の借金取りで、今日の売上を全部持って行かれた上、借金返済の代わりに歯磨きを元値の300分の1で譲る約束までさせられてしまいました。

1週間後に森田屋に受け取りに行くと言って、男たちは立ち去りました。


トンズラした鉄郎


家に帰った常子が、かかと鞠子たちに今日の出来事を話すと、驚愕してしまいました。

さすがの鉄郎も、今日の出来事を反省しみんなに謝りました。

そこへ何も知らない宗吉が現れ、鉄郎を飲みに誘いました。

さすがに今日は飲みにいけない雰囲気の中、宗吉に強く勧められた鉄郎は、仕方ないとばかりに、常子たちから逃げるように飲みに行ってしまいました。

そして鉄郎は書き置きを残したまま、戻ってくることはありませんでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 42話 常子、ビジネスに失敗する

とと姉ちゃん 41話 常子、練り歯磨きを完成させる


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 41話 常子、練り歯磨きを完成させる

足りなかったハッカを入れて練り歯磨きを完成させた常子は、たくさんの人に知ってもらうための行動に出るのでした。
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』


スポンサードリンク

今度こそ練り歯磨きが完成


常子たちは、いよいよ練り歯磨きを完成させようとしていました。

すると、3人は成功してお金持ちになった自分を想像しました。

できあがった練り歯磨きを再び森田屋のみんなに味見してもらい、高評価を得ると、今度は友達や青柳商店の従業員にも味見をしてもらいました。

すると、そこでも好評だった常子は、自信を持つのでした。


鞠子、東堂に悩みを打ち明ける


鞠子は、東堂先生にも練り歯磨きを持って行きました。すると、東堂はすでに常子から貰っていて、常子の行動力をほめました。

鞠子は東堂から「挑戦していますか?」と尋ねられると、常子には内緒にして欲しいと前置きをして、悩みを打ち明けました。

常子は星野を見つけて、練り歯磨きができ好評だったことを報告しました。

そして練り歯磨きを星野に渡すと、感想を聞かせて欲しいとまた行ってしまいました。



スポンサードリンク


鉄郎、再び現れる


三姉妹が家で、練り歯磨きの好評を祝して乾杯していると、鉄郎が現れました。

今回の鉄郎は、前回の威勢とは変わって落ち込んでいるようすでした。

鉄郎は仲間に、お金を持ち逃げされた上、借金を背負わされ10日までに150円を用意しなくてはいけないと打ち明けました。

そんな鉄郎に常子は10日までに練り歯磨きがたくさん売れれば、お金が用意できるかもしれないと言いました。


たくさんの人に知ってもらうには


問題は、どうやってたくさんの人に、練り歯磨きをたくさんの人に知ってもらうかです。

常子は道行く人に配ろうと提案しますが、鉄郎は森田屋の弁当に添えるのが、一番宣伝効果が高いと言いました。

早速、宗吉に頼みに行きますが、弁当の後味が変わるかもしれないと、断られてしまいました。

すると鉄郎は、宗吉に歩み寄り、酒をおごってやったことや、ある店の女将を口説こうとしていた秘密をネタにゆすりました。



練り歯磨きの試供品を配る


練り歯磨きを弁当と一緒に配る

鉄郎のゆすりで、弁当に練り歯磨きをつけることを許されました。

すると、鉄郎の目論見通り、森田屋の客を中心に瞬く間に評判となっていきました。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 42話 常子、ビジネスに失敗する

とと姉ちゃん 41話 常子、練り歯磨きを完成させる

とと姉ちゃん 40話 常子、ビジネスを見つける!!


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 40話 常子、ビジネスを見つける!!

人は何がほしいのか探していた常子は、ついに欲しいものを見つけ、試作品を作ることに挑戦しました。
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』


スポンサードリンク

常子に秘密がバレて焦る綾


常子は、綾の部屋にあった舶来品からビジネスに繋がるヒントを探そうと、おじゃましていました。

しばらくすると部屋に綾の母親が現れました。綾の母は常子に挨拶をすると、綾に探すように頼まれた雑誌が見つからなかったと伝えました。

綾が常子の前で必死に隠そうとしたその雑誌とは、平塚らいてうの青鞜(せいとう)でした。

常子は、自分だけじゃなく綾自身も影響を受けやすい人だと、からかい始めたのでした。


歯科医院を張り込む


突然綾の母が痛みで頬を押さえました。綾の母は歯槽膿漏で、女性に多い病気だと言いました。

早速常子は、早速歯科医院の前に張り込み、出てくる女性に、何の病気できたのか調査を始めました。

女性のほとんどが歯槽膿漏だと知った常子は、病気で悩む女性の前で、歓喜の声を上げて怒らせてしまいました。

それをたまたま見かけた星野が、代わって謝り、常子の手を引っぱっり、逃げるように連れ去りました。

スポンサードリンク


練り歯磨きに挑戦


星野は、自分の母も歯槽膿漏になり、陸軍病院の先生から教わった練り歯磨きで治ったことを話しました。

歯槽膿漏になった女性がほしいものがピンときた常子は、感激で喜びました。

星野から練り歯磨きの作り方を学んだ常子は、森田屋のみんなに試してもらいましたが、評価は散々でした。

また常子が練り歯磨きで商売を考えていると知ったみんなは呆れてしまいましたが、家族のみんなは応援してくれました。


諦めずに再挑戦


練り歯磨きを試行する常子と美子

常子は、もう一度作り直し、今度は鞠子に試してもらいました。

鞠子も悪い評価を出しましたが、常子は諦めずにまた試作品に挑戦しました。

そんな常子の姿に感心した鞠子は、常子のドジっぷりも相まって手伝うことにしました。

鞠子が星野の書いたレシピをよく見てみると、薄荷(ハッカ)と書かれていたことを知った二人は、ピンときたようでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 41話 常子、練り歯磨きを完成させる

とと姉ちゃん 40話 常子、ビジネスを見つける!!

とと姉ちゃん 39話 常子、ビジネスを探す


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とと姉ちゃん 39話 常子、ビジネスを探す

常子は鉄郎から、ビジネスのヒントをもらうと、儲かるビジネスはないかと探し回るのでした。
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』


スポンサードリンク

鉄郎のビジネスの教え


鉄郎が加わったことで、さらに質の悪い宴会になったことに、台所でつまみを作らされていた鞠子君子は不安になりました。

しかし今回はお金を借りに来たわけではないらしいのです。

その証拠に鉄郎が台所に現れ、札束を見せびらかしたのでした。

鉄郎が自慢気に「教えて欲しければ、成功の秘訣を教えてもいいぞ」と言うと、意外にも常子は教えてほしいと申し出たのでした。


スポンサードリンク


君子たちがお払い箱になる?


宴会は夕方まで続き、家に帰ってきたまつは、戒厳令下で酔っ払うとは恥知らずと罵りました。

しかし宗吉はまつの言葉も位に返さず、飲み直しに出て行ってしまいました。

帝都不祥事件以来、注文が減る一方の森田屋に、まつは、君子たちのお給金も払えないかもしれないと漏らすと、君子たちは固まってしまうのでした。

職を追われる常子たち?とと姉ちゃん


需要の大きいものとは


学校でも悩んでいた常子は、登校してきた綾に唐突に欲しいものはないかと尋ねました。

それは、鉄郎から教えてもらった、需要が大きいモノを売れば儲かると聞いたからでした。

それ以来、常子は商売になりそうなものはないかと、目を光らせるようになりました。

この常子の行動は、鞠子が蓋をしていた気持ちを知らず知らずのうちに開け始めるようになったのです。



自分がほしいものは?


常子が学校から帰ると、武蔵がまつに招かれて来ていました。

常子は、武蔵に需要の長い商品はないかと相談すると、武蔵は一過性でも需要があるうちに売り切ってしまえばいいと答えました。

常子が、困っている人を助ける商売にしたいと言うと武蔵は、人のためではなく、自分が欲しいものを考えてはどうかと提案しました。

すると、常子は何やら思いついたようでした。

スポンサードリンク




関連記事


とと姉ちゃん 40話 常子、ビジネスを見つける!!

とと姉ちゃん 39話 常子、ビジネスを探す

とと姉ちゃん 38話 鞠子の悩み


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感