So-net無料ブログ作成

あさが来た 101話 雁助が加野屋を出た理由がうめの恋の終わりに(涙

やっと銀行の神様に会えたあさでしたが、突然その神様から問題を出されるのでした。
そして雁助が加野屋を出る決心し、うめは雁助を諦めるのでした。

第17週『最後のご奉公』より


スポンサードリンク

銀行の神様・渋沢栄一からの問い


銀行の神様 渋沢栄一

あさは渋沢から銀行について、銀行に一番大切なものは「信用」であり、両替屋になくて銀行にある仕組みが「預金」ということを学びました。

また、渋沢や五代が、国益を考え、常々一番やらなければならないと思っていたことは、人を作ること、つまり「教育」だと教えられました。

すると、あさはこの渋沢の考えに痛く共感してしました。新次郎はあさを上回るほど共感し、お金や商いがはじめて人間味のあるものに思えたと笑顔になるのでした。


スポンサードリンク


雁助が加野屋を出る理由とは


加野屋では店の者たちが、銀行後は住み込みか通いかで話が盛り上がっている中、うめは雁助と共に加野屋を出るかどうか悩んでいました。

榮三郎は雁助に加野屋を出てどこへ行くのか聞いていました。

雁助は、出戻っていた嫁から、娘が重い病でお金に困っているから助けて欲しいと文が届いたため、伊予(愛媛)に行こうと思っていると答えました。

雁助との恋が終わったうめ

すると、廊下でその話を聞いていたうめは『なんや、良かった‥』とつぶやくのでした。


雁助との恋を諦めるうめ


廊下にいたうめに、雁助は「堪忍や」と言うと、うめは、冗談でも『一緒に行けへんか』と言ってくれた思い出があれば、一人で行きていけると答えるのでした。

雁助は最後まで加野屋にご奉公できなかったが、あんたはあさの側でがんばってほしいと言うと、うめは「負かしておくんなはれ」と答えるのでした。

廊下でうめを見つけたあさは、うめに相撲を挑みました。拒んでいたうめも受けて立ち、あさをあっさり投げ飛ばしてしまいました。

あさが「うめのこと負かしてやろうと思っていたのに‥」と言うと、あさの優しさにうめは声を荒げて泣いてしまうのでした。


【感想】とうとう、うめの恋が終わってしまった。奥さんの件だけならまだしも、病気の娘の話が出てきたら、榮三郎だけでなく、うめだってこれ以上何も言えないよな~(´_`。)

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 102話 雁助が加野屋を出て行った日は加の銀行開業の日だった

あさが来た 101話 雁助が加野屋を出た理由がうめの恋の終わりに(涙

あさが来た 100話 雁助がうめとの恋を諦めた瞬間!?


nice!(61)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 100話 雁助がうめとの恋を諦めた瞬間!?

一緒に加野屋を出ないかと誘われたうめ。二人の会話を聞いていたあさは、とうとううめに自由になっても良いのだと言うのですが、うめの答えは意外なものでした。

第17週『最後のご奉公』より


スポンサードリンク

うめの本当の幸せ


うめの幸せを聞いて泣くあさ

うめが台所で物思いにふけっていると、あさが現れました。

うめが雁助に淡い恋心を抱いていることに気づいたあさは、うめに自分の世話はもう良いから、出て行ってくれても良いのだと言うのでした。

するとうめは自分の幸せは、あさの側にいることだと言いました。

その二人の会話を台所の外で、雁助は聞いてしまうのでした。

【感想】あ~ぁ、これで雁助はうめを諦めたかもしれないですね。
しかし、うめもかっこつけないで、自分の幸せを掴んでほしいな~

スポンサードリンク


銀行の神様から手紙が来ない!!


加野屋では銀行設立の会議が連日行われていました。

しかしあさはもう一つ銀行の神様・渋沢栄一から返事の手紙が来ないことが気になっていました。

銀行の商いが上手くいくかどうかは、銀行の神様の話が聞けたかどうかで決まると噂されていたからです。

そこへ外から新次郎が帰って来ました。亀助は仕事で出掛けてたんですねと言うと、新次郎は『久しぶりに会ってアホ言ったらアカンがな。ふらっと歌いに‥』と言いかけ、あさに睨みつけられてしまうのでした。

その瞬間、会議も凍りついてしまうのでした。



あさに惚れ直してもらい張り切る新次郎


その夜、あさは新次郎が歌いの席で仕事をしてきたことにびっくりしていました。

山屋から日本の綿糸が売れている勢いに乗って、尼崎に綿糸工場を建てようと言う話になり、自分が発起人の一人になってほしいと言われたのでした。

そんな新次郎にあさは惚れ直してしまいそうだというと、新次郎もまた張り切ってしまうのでした。


銀行の神様現る!!


そして翌日、亀助が炭坑に戻る日が来ました。

するとそこへ平十郎が、渋沢栄一からの手紙を持ってが走ってやって来ました。

その手紙には、近々大阪に行く用事があるので、商法会議所で会いましょうと書かれていました。

約束の日、嫌がる新次郎を連れて、商法会議所で待っていると、遅れて銀行の神様が現れたのでした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 101話 雁助が加野屋を出た理由がうめの恋の終わりに(涙

あさが来た 100話 雁助がうめとの恋を諦めた瞬間!?

あさが来た 99話 雁助の退職が加野屋中の噂に‥


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 99話 雁助の退職が加野屋中の噂に‥

あさが来た うめと雁助と猫

うめは猫を連れてきた雁助に『外に出さないと』とたしなめました。その仲睦まじい姿を見たあさは、雁助がうめに一緒に加野屋を出ないかと誘っていたことを思い出しました。


スポンサードリンク

雁助の退職の噂


あさ達が父・今井忠興の祝賀会に出席するため、東京に出掛けた後、加野屋では近ごろ、雁助宛ての手紙が度々届いているという話が上がりました。

その手紙を受けて、雁助が加野屋を辞めてほかの店に移るのではないかと、噂されていました。

その話を聞いた榮三郎は噂の出処である弥七に真相を聞きに向かいましたが、弥七自身も詳しいことは何一つ知りませんでした。

するとその話を聞いた平十郎は、雁助を失うことは計り知れない損失だけでなく、有能な働き手を連れて一緒に出て行ってしまうかもしれないというのです。

それ聞いた榮三郎の不安は益々大きくなるのでした。

スポンサードリンク


銀行の神様・渋沢栄一


数日後、東京から帰ったあさは、内閣総理大臣の伊藤博文から、銀行をはじめるなら渋沢栄一に教えを請うように言われたと話しました。

すると平十郎は、渋沢栄一とは銀行の神様と呼ばれた人で、昔の自分の上司だと答えました。

しかしあさは、多忙の渋沢とは会えなかったので、今度手紙を書いてみようと思っていることを、みんなに伝えました。



うめとの別れを予感するあさ


夜になると、新次郎はあさに、雁助が加野屋を辞めるかどうか、まだ迷っているようだと話しました。

さらに榮三郎が誰かを連れて辞めてしまうのではないかと言っていたことを話すと、あさはその誰かとは、うめのことではないかと想像して、目に涙を浮かべてしまうのでした。

このとき、あさは辛い決断をしたのでした。


スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 100話 雁助がうめとの恋を諦めた瞬間!?

あさが来た 99話 雁助の退職が加野屋中の噂に‥

あさが来た 98話 雁助の元に謎の女性から手紙が‥


nice!(71)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 98話 雁助の元に謎の女性から手紙が‥

このごろいい感じのうめと雁助。しかし雁助の元に謎の女性から手紙が届きました。雁助がその手紙を見ながら『なんで今ごろ‥』とつぶやいた意味とは‥


スポンサードリンク

雁助宛ての手紙


台所にいた雁助は、あさとはつの笑い声を聞いて、楽しそうだなとつぶやきました。

うめは、はつから貰った漬物を味見してほしいと、雁助の口元へと運びました。

雁助が気に入ると、うめは今晩のおかずにしてもらうため、クマへお願いしに行きました。

うめが台所から立ち去ると、おもむろに懐から封筒を取り出しました。

封筒を裏返すと送り主に仙波つねと女性の名前が書かれ、雁助は『なんで今ごろ‥』とつぶやくのでした。

【感想】この手紙って、蒸発した雁助の奥さんでは‥
もしそうなら、雁助はうめをどうするのかなぁ‥

奥さんとよりを戻して、うめとの恋は終わらせるのかなぁ‥よりを戻すとしたら、ちょっとそれは許せないな~
(*`д´*)

スポンサードリンク


子育ての愚痴ばかりのあさとはつ


あさは女性も学べる世の中になったのに、勉強嫌いな千代に悩んでいました。

はつの方は、次男の養之助が兵隊に行く時期が近づいていることに悩んでいました。

しかし当の養之助はお米が食べられると、兵隊になりたいと思っている点も悩みでした。

さらに、はつは藍之助についても悩みをもっていそうでしたが、その話をしようとしたところでやめました。

そして久しぶりにあって子育ての愚痴ばかりではいけないとわらうのでした。


お母ちゃんが嫌いな千代


藍之助との石蹴りに負けた千代は、次は勝ってみせると言うと、新次郎から負けん気はお母ちゃん譲りだと言われました。

また藍之助が、あさの仕事振りが頼もしくて巴御前のようだと褒めると、千代は鬼だと反論しました。

実は千代はあさから、虫歯を抜かれ、そんなときだけ母親面をして、普段は自分のことより仕事ばかりだとすねてしまうのでした。

楽しい一時も過ぎ、はつ達が帰る時が来ました。新次郎たちは、今度は自分たちが和歌山に遊びに行くと約束して、はつ達を見送るのでした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 99話 雁助の退職が加野屋中の噂に‥

あさが来た 98話 雁助の元に謎の女性から手紙が‥

あさが来た 97話 はつ(宮﨑あおい)が肝っ玉母ちゃんに変身!!


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 97話 はつ(宮﨑あおい)が肝っ玉母ちゃんに変身!!

はつが長男の藍之助と姑の菊を連れて、あさのいる加野屋にやって来ました。加野屋の広さにはしゃぐ藍之助を叱るはつの姿は以前のお人形のような姿はありませんでした。


スポンサードリンク

はつが肝っ玉母ちゃんに変わっていた


藍之助は、加野屋の家の広さに驚いてはしゃぎ出すと、はつがドスの利いた声を出して止めると、藍之助も素直に従いました。

はつ(宮﨑あおい)の怒った顔

お人形のようだったはつも、男の子を二人育てたことで肝っ玉母ちゃんになったようです。

すると新次郎が加野屋を案内すると言って、藍之助を連れ出し、大奥様のよのは菊をお茶に誘いました。

あさも何から話したら良いのか分からないくらい、はつと積もる話がありました。

【感想】スゴんだ宮﨑あおいも可愛くていいですね~(^^)
もちろん笑っている方が一番いいのですが‥


藍之助に惣兵衛の話をして自爆する新次郎


はつは千代の姿を見つけると、千代を抱き寄せて『会いたかったで』と挨拶すると、ちよも恥ずかしそうに『はじめまして』とだけ言って、走って逃げていってしまいました。

藍之助は新次郎に連れられて、店に来ていました。大番頭の席を案内された藍之助は、立派な机に感激してしまいました。

新次郎は、藍之助の父も若いころから店に出て、えらい切れ者の若旦那だったことを話し、自分は耳の痛い思いだったと話すのでした。

【感想】耳が痛いんだったら、働けばいいじゃん!
まあ、今はもう働いてるけどさ~(^^)

スポンサードリンク


極めつけの始末屋


雁助が弥七たちのところにきて、平さんは極めつけの始末屋で、帳面は小さい字でびっしりと書き、鼻紙も4回使い、その紙を干して3回使うほど、一切無駄なことはしないと言うのです。

だから会話もここ一番という時はたくさん喋るが、普段は倹約して『へぇ』としか言わないのだそうです。

それを後ろで聞いていた新次郎は、あさが大胆な分、平さんがきっちり始末してくれるなら、いい塩梅だと安心するのでした。


あさとそっくりの千代に驚くはつ


炭坑の仕事をやっと終わらせたあさは、はつの待つ部屋へと走って向かいました。

はつが部屋で待っていると、千代がはつをのぞきに来てました。はつが千代に気づいて、千代の方を見ると、また千代ははして逃げて行ってしまいました。

あさが来ると、はつは千代があさの幼いころにそっくりだと言うと、うめは性格はまるっきり反対で女の子らしいと答え、あさは、そんな千代が育てにくいのだと答えました。

【感想】へぇ、似てまっしゃろ!?
千代の子役はあさと同じ鈴木梨央ちゃんですから(^^)

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 98話 雁助の元に謎の女性から手紙が‥

あさが来た 97話 はつ(宮﨑あおい)が肝っ玉母ちゃんに変身!!

あさが来た 96話 新次郎に隠し子!?


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 96話 新次郎に隠し子!?

五代の遺言により、葬儀は大阪で行われました。葬儀には4300人以上の人々が参列しました。


スポンサードリンク

負債だらけの五代の書簡


あさは、美和から五代の書簡が、借金の返済はできないという弁明書だけだったと聞き、驚いてしまいました。

また、五代は若い者の面倒ばかり見て、薩摩出身の役人にも気前よくお金を貸していたらしく、残ったのは負債だけだというのです。

あさは新次郎に、昔五代が後世に何が残せるのかが大事だと話していたことを教えました。

だから自分たちも、大阪のため日本のために何が残せるのか、考えないといけないと言うのでした。


月曜日の平さん


雁助があさに、また月曜日のへぇさんが来たと伝えにきました。

『へぇ』としか答えない月曜日のへぇさんに、雁助がよく話を聞いてみると、加野屋で働きたいというのです。

次はあさが平さんに聞いてみることに‥
なぜ加野屋で働きたいのか、働きたいのは両替屋か炭坑か、今までの仕事は?出身は?
何を聞いても『へぇ』としか答えないことに、あさが堪忍袋の緒を切らすと、やっと自分の名前を名乗り始めたのでした。


【感想】へぇさん役の辻本茂雄さんは、同じくNHKの土曜日放送の生活笑百科っていう番組で出演しています。山田花子さんとの漫才が最高に面白いので、是非見てみてください!!

スポンサードリンク


渡りに船と山崎平十郎を雇うあさ


山崎平十郎

へぇさんは、元は大蔵省の会計検査院に働いていた山崎平十郎だと名乗りました。

あさがなぜそんな人が加野屋で働きたいのか、平十郎に聞くと、今の日本の経済を立て直すには、民間の銀行がしっかりしないといけないが、それは加野屋だけだったというのです。

平十郎はドイツで銀行を学び、加野屋が銀行になるために力になるはずだから雇ってほしいと願い出ると、渡りに船と、あさの方からも平十郎にお願いするのでした。

【感想】雁助は、平十郎が大蔵省で働いていたことに驚きましたが、新次郎は「へぇさん」の名前が平十郎で本当にへぇさんだったことに関心がいくなんて、社長になっても新次郎の根は変わってないみたいですね(^^)



ベロシペードとの再会


大阪商法会議所に着いたあさは、山屋与平を見つけて駆け寄ると何かの写真を見ているようでした。

あさが訪ねてみると、それは英国から仕入れてみないかと言われた「安全型自転車」だと答えました。

正しくその自転車は五代から送られた手紙の中にあったベロシペードでした。

榮三郎と山屋は、二輪ではすぐに転けてしまい乗れないと笑っていましたが、あさはいつか自分が乗りこなしてみせると意気込むのでした。


新次郎の隠し子現る!?


店で千代に励まされながら、新次郎が嫌いな仕事をしていたとき、新次郎の目の前で若い男性が座りました。

そして『お父ちゃん』と声をかけられたため、新次郎は慌てふためき、あさは新次郎を疑い始めました。

次の瞬間、その若者が『ボクです。藍之助です。』と答えると、あさたちもはつの子の藍之助だとわかり、驚き、喜びました。

そのすぐ後、はつと姑の菊が店に現れました。はつとは10年ぶりの再会でした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 97話 はつ(宮﨑あおい)が肝っ玉母ちゃんに変身!!

あさが来た 96話 新次郎に隠し子!?

あさが来た 95話 五代逝く


nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 95話 五代逝く

五代は大阪に戻らないかもしれないという三坂の知らせにあさは驚愕してしまします。しかし美和は思い当たる節があるようでした。


スポンサードリンク

五代のもとへ


あさが問いかけても、美和は何も答えませんでした。

すると三坂がこれから五代が東京で療養生活に入ることを伝えました。そして自分が死んでしまったら、これを渡してほしいとペンギンの写真をあさに手渡したのでした。

あさが泣き崩れると新次郎が駆け寄り『このまま行かしたらアカン』とあさとともに店を飛び出して行きました。

二人が商法会議所に着くと、新次郎はあさに『行っておいで』と一人で五代のところに行くように言いました。



二人のペンギン


あさに気づいた五代は、前にあさが話そうしていた他愛もない話を聞いておけばよかったと話しました。

あさと五代の会話は、二人が出会ったころの、懐かしい大阪の町まで遡りました。

あさがそれからすると大阪の町も活気づいてきたと言うと、五代はまだまだこれからだと言いました。そしてまだまだ死なない、やり残したことがあると力説するのでした。

するとあさは『ペンギンは貴方様だす』といって、昔五代からもらったペンギンの絵を取り出して五代に見せるのでした。

スポンサードリンク


聞きたかった他愛もない話


そしてあさは、子どもの教本にペンギンが載っていたことを教えてあげました。

すると五代は『ホンマですか!?』と喜びました。五代はやっとあさから他愛もない話をすることができたのです。

このあと五代は東京に移り住み、療養生活をはじめました。その1か月後、五代は東京の地で亡くなりました。

あさは『ホンマに、二度と追いつかれへんようになってしまいました』と新次郎の腕の中で泣き崩れてしまうのでした。


【感想】とうとう五代が逝ってしまった(涙)
俳優のディーン・フジオカも見納め!!明日からの「あさが来た」の視聴率って落ちるのかな~

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 96話 新次郎に隠し子!?

あさが来た 95話 五代逝く

あさが来た 94話 五代友厚倒れる!!五代の最後のかっこつけとは


nice!(92)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 94話 五代友厚倒れる!!五代の最後のかっこつけとは

加野炭坑その他の会社社長に仕立てられた新次郎は、賛成者の一人である五代を訪れた。するとそこには、ソファーに倒れた五代が‥


スポンサードリンク

かっこつけの新次郎と友厚


新次郎は五代の功績をひけらかさないところを、五代は新次郎のちゃらんぽらんと見せかけて、かっこいいとこだけ持っていくところを、かっこつけだと言いました。

新次郎が、それがあさに入れ知恵した理由だな問うと、五代は助言をしただけで、新次郎の人の話を聞く力が必要だと言うのでした。

そして、未来にみんなと作った大阪が残ればそれでいいと答えると、新次郎は五代に『やっぱりかっこつけや』と微笑むのでした。


五代、最後のかっこつけ


五代は、最後にかっこつけさせてほしいと頼みました。それは、もうあさに会わないというものでした。

新次郎が、まだあさには五代が必要だと言うと、五代は必要なのは新次郎で、二人はまるで『比翼の鳥』だと言いました。

そして、あささんを内からだけでなく外からも支えてほしいと訴えるのでした。

【感想】『比翼の鳥』と聞くと、漫画『クライングフリーマン』を思い出してしまいます(照)からだが半分しかない雌雄が常に一体でないと飛べないという中国の空想上の鳥です。


スポンサードリンク


新次郎、ついに働く


新次郎が家に戻るとあさは、新次郎を社長にしようと思ったのは、五代が政府との癒着を大阪商人に誤解され、それを解決した時だと説明しました。

そして、あさのほか榮三郎やよのまでもが、新しい会社の社長になってほしいと頼むと、新次郎は嫌々ながらも『みんながワテが必要だというなら、引き受けまひょか』と答えました。

すると新次郎が働くと言った言葉に、店中が驚いてしまい、新次郎を胴上げするのでした。


【感想】あ~あ、とうとう新次郎は働くのか~
働くと個性知っじゃうよ~(^^)


新次郎のウソと嫉妬


あさは新次郎から五代が元気だったと聞き、安心しました。

新次郎は、五代はあさをもっと育てたいと言うし、あさは五代に恩を返さないと言うし、二人こそ「比翼の鳥だ」とつぶやくのでした。

そして新次郎は、五代はしばらく忙して大阪にいないから、あさにがんばってほしいと言っていたと伝えました。

その後あさが、美和の店でお茶をしていると、五代の部下の三坂が現れ、五代はもう大阪に戻ってくることができないかもしれないと深刻な顔で伝えるのでした。


スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 95話 五代逝く

あさが来た 94話 五代友厚倒れる!!五代の最後のかっこつけとは

あさが来た 93話 加野屋が銀行へ!雁助がうめに加野屋を出ようと誘うが‥


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさが来た 93話 加野屋が銀行へ!雁助がうめに加野屋を出ようと誘うが‥

いよいよ加野銀行をスタートさせる加野屋。それに合わあせて炭坑も会社化。新しい社長は誰に?暖簾分けがなくなった雁助はどうする?



スポンサードリンク

うめに加野屋を出よう誘う雁助


雁助がうめに一緒に加野屋を出ないかと声をかけているのを聞いたあさ、そそくさとその場から立ち去りました。

雁助は返答に困っているうめに、今の話はウソだと改めました。

すると、うめはずっと加野屋にいてくれますね?と念を押すと、雁助は加野屋が銀行になるまでいると約束するのでした。


【感想】雁助には蒸発した奥さんがいたはずだけど、雁助はその奥さんと、うめのどっちを選ぶんだろう‥



ついに加野銀行がスタートする


榮三郎は店のみんなを集めて、ついに加野銀行の看板を上げることを決めると伝えました。開業は3年後です。

そして炭坑も加野屋から切り離して、会社として独立させることも話しました。

最後に、榮三郎はあさにあいさつをお願いすると、あさは加野屋も時代に合わせて変わっていき、銀行を成功させている一握りにならないといけないと店員たちの士気を高めるのでした。

スポンサードリンク


雁助の暖簾分け


会議のあと雁助は新次郎に、加野屋が銀行になったら自分はお役御免だと話しました。

辞めるにあたって榮三郎の成長だけが心配な雁助でしたが、新次郎は自分のことだけを考えてほしいと言いました。

そしてもし辞めるのなら、暖簾分けはできないが、お店が出せるだけの資金を援助すると約束しました。

すると雁助は、おあさ様も見る目があったということかと意味ありげにつぶやくのでした。


新しい会社の社長に新次郎を任命!?


新次郎は、慌てふためきながら、あさを探しました。

あさは新次郎を前に、炭坑その他の会社の新しい社長は新次郎であることを打ち明けました。

新次郎が『あさがやったら良い』と言うと、あさは女子の社長を政府が認めないことや新次郎ほど大阪の商人に好かれている人がいないことを上げました。

さらに五代も賛成していたことを話すと新次郎は顔色を変えるのでした。

スポンサードリンク

関連記事


あさが来た 94話 五代友厚倒れる!!五代の最後のかっこつけとは

あさが来た 93話 加野屋が銀行へ!雁助がうめに加野屋を出ようと誘うが‥


nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホンマでっかTV 武井咲のリュックを使ったモテ仕草 3月16日

今回は、印象評論家・重太みゆき先生のモテ仕草。その実演に武井咲が挑戦。その可愛い仕草に長瀬も思わず吠えた!! 2016年3月16日O.A.


スポンサードリンク

2位:リュックから物を取ってもらう時に使えるモテ仕草


リュックから物を取ってもらう時は、もたれ頬触りでモテる
①顔の横で、撮ってもらった物を受け取る準備をする
②彼の腕にもたれかかり見上げて頬を触る

【ポイント】
男性は女性と肩を組むと征服感を覚え、気持ちが大きくなり、女性を守ってあげたいという気持ちに変わっていくのだとか‥
【実演】
野村&武井

hon160316d336.jpg

長瀬は思わず『可愛い~』と吠えた!!
なかなか離れない野村に、武井が野村を遠ざける!反対に野村は『一生続けばいいのに』とメロメロでした。

【感想】うーん、この男性の腕を自分の肩に組ませるのは重太先生の定番ですね。

スポンサードリンク


1位:車で休憩中、彼に差し入れする時に使えるモテ仕草


車で休憩中、彼に差し入れする時は、もたれ選ばせでモテる
①差し入れの入っているカバンを後部座席に置いておく
②差し入れをカバンから出すときは、彼の太ももに手を置き、肩にアゴを添えてもたれながら耳元で話す

【ポイント】
密室空間で15cm以内に近づいて、いい香りがすると、男性はYesと言いやすい
(うーん、Yesと言いやすいもんかな~。相手次第だと思うよ。好みならYesだし、そうでなければNoはNoでしょ‥)

【実演】
長瀬&大久保佳代子
hon160316e336.jpg

長瀬の太ももに置く手を、股間に近い際どい場所に持っていく大久保に、長瀬苦笑い(笑)
hon160316f336.jpg

差し入れに何があるのか聞く長瀬に『おしゃぶりこんぶ』と何回も繰り返す大久保に、長瀬は何も答えることができなかった。

スポンサードリンク




関連記事


ホンマでっかTV ディーン・フジオカの武井咲のリュックを使ったモテ仕草 4月14日

ホンマでっかTV 武井咲のリュックを使ったモテ仕草 3月16日

ホンマでっかTV 武井咲のお酌をするモテ仕草 3月16日


nice!(120)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感