So-net無料ブログ作成

石坂浩二が鑑定団を降板させられた理由は10年前のケンカだった!?

今巷では、石坂浩二さんが人気番組「開運!なんでも鑑定団」の司会降板が話題になっています。そもそも石坂浩二さんが降板させられる理由とは何なんでしょうか?

スポンサードリンク

石坂浩二さんが鑑定団を降板になった理由


 番組開始1994年の当初から司会を務めてきた石坂浩二さんが鑑定団を降板することになったようです。

 その原因となったのが、およそ10年前(2006年)の酒席で、泥酔し高圧的な態度をとってきたプロデューサーに石坂浩二さんがキレ、初対面で衝突したことだといいます。

 この衝突が二人にとって初対面ということは、プロデューサーが石坂さんより後から番組に参加してきたことは明らか‥。なのに衝突したのは、当初から番組に不満を持ってきたということなのでしょうか‥


チーフプロデューサーの企み


 石坂さんと衝突したプロデューサーですが、2011年それまで司会を務めてきた島田紳助さんが引退したとき、紳助さんのポジションに就いたという話です。

 そのプロデューサーは番組をより専門化することにこだわったことで、番組当初からの鑑定士やスタッフの大半が辞めたといいます。

 そしてこれを境に、石坂さんの発言の大部分がカットされたといいます。

スポンサードリンク

石坂浩二さんの鑑定団降板に対する巷の声


まずはこのニュースを知る前の巷の声です。
・病気や年のせいで、発言が少なくなっていたと思った。
・石坂さんの発言が少なくなって面白みがなくなっていた。

このニュースを知った後の巷の声は‥
・石坂さんがいなくなったら番組の重みがなくなる、安っぽくなる
・嫌がらせ、イジメではないか?

 鑑定団の面白さは、鑑定品の予想外の鑑定額や本物だったものが偽物だったときのショックを受けた時の所有者の表情などがあります。

 しかしそれを演出するのは、司会者の力によるところが大きいはずです。石坂さんの降板により、今より鑑定結果に重みがなくなるのはさけられないのではないでしょうか?

スポンサードリンク


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 24

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました